ブログ

UX改善プロジェクトの社内発表会を行いました!

サイバーウェーブでは、UX改善プロジェクトを推進しています。

そのプロジェクトの社内発表会の様子をレポートします。

 

発表者には、マウス軌跡の録画ツールを用いて予め指定されたサイトの分析をしていただき、その結果をプレゼンしてもらいます。

 

 

今回の対象サイトは、

チェックワークという、弊社で自社開発をしたタスク管理アプリ(Webサイト)と、

 

我らがサイバーウェーブのホームページです!!

 

また、前回同様ビアバッシュ制度を利用して、

お酒とお菓子とバウムクーヘンをつまみながら楽しい雰囲気の中行われました。

 

 

今日のトップバッターは小栗さんです。筑波から江戸川橋まではるばるいらっしゃいました。

チェックワークは小栗さんが主体となって改善をしているプロジェクトです。

 

一番右にいるのが小栗さん

 

資料もよくまとまっていて発表も素晴らしかったです!(さすが小栗さん)

個人的に普段あまりチェックリストを使っていないのですが、改善されたチェックリストは使ってみたいです。

 

お次は中島さんです。

弊社のホームページを分析していただきました!

 

弊社ホームページには「働いている人の声」というページがあるのですが、

そこに表示されている数が少ない!という指摘をいただきました。

今後どんどん増やしていくつもりのなので、乞うご期待ください。

 

 

最後は齋藤さん、、、はこの春晴れて社会人となり卒業してしまったので、

UIUXのプロ羽山さんが、齋藤さんの作った資料でプレゼンをしました。

 

 

発表が終わった後は、羽山さんが引き続きプチ講義を行いました。

 

個人的にとても勉強になったのが、

人間は4行以上の文章を見たときに、それを文章ではなく一つの固まり(四角形)として捉える、ということです。

 

それを意識してだと思いますが、

例えばgoogleは検索結果のmeta descriptionタグ(タイトルの下に表示される文章)の部分を3行で表示するようにしています。

 

1行の文字数にもよるとは思いますが、画面を設計する上で大変参考になりました。

 

 

社内メンバーの様子

 

 

というわけで、発表者の二人&羽山さんお疲れ様でした!

 

すべて終わった後は、余ったお菓子とお酒を囲み雑談をして楽しみました。

 

参加者の声

  • 毎回ですが、梨木さんと羽山さんの講評がありがたいです。 今回は文字列が四行以上にならないように気をつけることや、画面の中で字が占める割合が2割をこえないようにすることなどが、勉強になりました。
  • 人間の特徴として、4行以上の文章は一つの固まりとして捉えることなどが学べて、画面のレイアウトを考えるときに多いに参考になると思った。
  • ユーザー目線でプロダクトを考える視点を学ぶことができたし、羽山さんというスペシャリストから直にフィードバックをもらえる貴重な機会だった。
  • 発表者だったのでプレゼンの練習になったし、質問や他の人の発表でもいくつか気付きがあった。
  • チェックワークの習熟レベル毎にデータをとってよく分析し、これからもっとチェックワークというアプリがいいものになっていく可能性を感じられました。

最後に

サイバーウェーブでは、「スキルアップ支援制度」を実施しています。

カンファレンスへの参加、技術書などの書籍購入などに関して、毎月5,000円(税込み)の補助を受けられるという制度です。

まだまだ始まったばかりの制度ですが、これから続々と活動の様子を本ブログで紹介予定です!

興味のある方はぜひインターン採用ページもご覧ください。

仲間を募集

『WEBテクノロジーで社会に幸せを作る!』そんな想いに共感してくれる仲間を募集しています。

サイバーウェーブでは、AIなどの新しいことにもチャレンジできる環境を提供し、メンバーひとり一人のスキルアップ・ステップアップを全力で応援しています。

個人の成長が会社の成長に繋がります。

◆インターン採用はこちらから

インターン採用

◆新卒・既卒・第二新卒採用はこちらから

新卒・既卒・第二新卒

おすすめ記事

お問合せはこちら。
お気軽にご相談ください。

電話アイコン 03-5206-8490
業務および採用に関するお電話はこちら