働いている人の声

『Rails大好き!もっとRailsスキルアップをしたい!』 千田 俊さん 筑波大学

エンジニア(インターン生)

入社する前は、どんな会社を探していましたか?

僕のインターンの目的は、Railsが大好きで、もっとRails極めたいと思い、Railsのスキルアップできる会社を探していました。サイバーウェーブのホームページをみて受託開発と書いてので、色々なプロジェクトに携われるのではと思いました。
社長との面談時にサイバーウェーブが持っている実際のノウハウドキュメントや、動く『PJテンプレート』を見させてもらい『ここならRailsスキルアップ出来る!』と信頼感がもてました。
また、訪問して面談した時の、会社の雰囲気も良さそうだと思いました。

当社を知って、エントリーする時に少しの不安はありましたか?また、その不安はどのような不安でしたか?

インターンで入ってもスキルアップに繋がらないような『単純作業』をさせられるのではと不安がありました。
『PJテンプレート』の管理画面の一覧検索する画面を効率化するダイナミックテーブルという機能改修を担当しました。
実際に一覧絞込をJavaScriptとRailsを使用して効率化するための技術調査、選定、設計、実装と一通り担当させて頂き、とてもチャレンジで、やりがいがあった。

実際に当社で仕事をしてみてどのようなに感じていますか?

いつでも社長や先輩エンジニアに、悩みを聞けるのがありがたいと感じました。
ただ単に答えをもらうのではなく、開発するときに、何を考えるべきかを教えてもらった事が勉強になりました。
開発の経験として、ライブラリの導入検討するプロセスが理解できました。これは、今後自分が何らかの技術選定するときの学びが出来たと思ってます。
開発自体がスケジュール遅くなっても優しくしてもらったこと救われました。
インターン生だけど設計に対して意見があったら聞いてくれたのが嬉しかった。

仕事をしていて嬉しいことは?

ダイナミックテーブルがマージされたとき!
卒業論文を出したより嬉しかった!

開発の考え方、設計の考え方を学べたのが嬉しかった。
成長できた感があります!
Ralisの基本文法APIとかネットで勉強できるけど、実際のプロジェクトでどのように設計、実装していくかを
新しいGemを導入するときにどのような事を考え投入するのか考えられた

他のインターンシップとの違いは?

試験仕様書を書いて、試験するのは、他の会社ではやってませんでした。
初め行ったインターンは何も言われなくて、実装に関しても何も言われなかった。リリースまで自分がやっていた。
2社目は、アジャイル開発で、週次でタスクが決まった、勉強になった。
他の会社は自分のパソコンを使用してた。

 

お問合せはこちら。
お気軽にご相談ください。

電話アイコン 03-5206-8490
業務および採用に関するお電話はこちら